実績・受賞・表彰

データ貸し出し実績

2004〜2018年度で2043件の申請に対してデータの貸し出しを行いました。
*JHPSとKHPSの統合に伴い、2016年からJHPS/KHPSデータとしてまとめて貸し出しを行っているため
カウント方法が変更になりました。
年度 うち国内 うち国外
2004年度(平成16年度) 32 32 0
2005年度(平成17年度) 31 31 0
2006年度(平成18年度) 42 40 2
2007年度(平成19年度) 47 43 4
2008年度(平成20年度) 58 55 3
2009年度(平成21年度) 77 73 4
2010年度(平成22年度) 103 92 11
2011年度(平成23年度) 157 141 16
2012年度(平成24年度) 187 162 25
2013年度(平成25年度) 156 142 14
2014年度(平成26年度) 190 150 40
2015年度(平成27年度) 245 197 48
2016年度(平成28年度) 228 192 36
2017年度(平成29年度) 248 213 35
2018年度(平成30年度) 242 208 34
2043 1771 272

国際機関でのデータ利用と分析結果の提供

1) OECD (2008) ”Growing unequal ? --Income Distribtuion and Poverty in OECD Countries”
Chapter 6: Does Income Poverty Last Over Time? Evidence from Longitudinal Data.
所得動態の国際比較分析において、当センターの山田篤裕と石井加代子がKHPSを用いて日本の結果を提供しました。

2) OECD (2015) "Employment Outlook 2015"
Chapter 4: The quality of working lives: Earnings mobility, labour market risk and long-term inequality.
稼得収入の変動の国際比較分析において、日本のデータとしてKHPSが用いられました。

3) OECD (2015) "In It Together -- Why Less Inequality Benefits All."
Chapter4: Non-standard Work, Job Polarization and Inequality.
非正規雇用と所得格差の国際比較分析において、
当センターの樋口美雄と石井加代子がJHPSを用いて日本の結果を提供しました。

雑誌論文掲載実績

掲載雑誌:The Japanese Economic Review, The B.E. Journal of Economic Analysis and Policy, Asian Economic Policy Review, Journal of Real Estate Finance and Economics, Economics Bulletin, Journal of Economic Issues, Canadian Journal of Economics, Journal of the Japanese and International Economies, Applied Economic Letters, Environmental and Resource Economics, Public Finance Review, Journal of Labor Research, 財政研究, 季刊社会保障研究など

学会発表実績

日本経済学会会長講演、日本経済学会、 日本財政学会、 日本医療経済学会、 日本応用経済学会、International Association of Time-use Research, American Real Estate and Urban Economics Association, Econometric society , Annual Conference Asia-Pacific Economic Association, Western Economic Association International, International Panel Data Conference, Society for Longitudinal and Life Course Studiesなど

受賞・表彰