よくあるご質問

パネル調査について

パネルデータ設計・解析センターが調査を行う目的はなんですか?

当センターが実施する調査の目的は学術研究のためであり、営利目的ではありません。生活、就業、家計、教育、家族内の助け合いなどの実態やその変化をたずね、生活上のさまざまな変化やその要因を明らかにし、これからの暮らしについての提言につなげることが調査の目的です。

パネル調査とはなんですか?

パネル調査とは、同一個人や企業に対して、複数年、同様の内容を質問するという方法で実施する調査です。パネル調査でない一般的な世論調査の10年前と今年の調査結果の比較は、たとえば「男性」の意見が30%から40%に変化したといったまとまり(の平均値)の比較しかできませんが、パネル調査の結果では、「男性」というまとまりの中で、全体的(全員)に変化がおこったのか、それとも特定の人たちが大きく変化して、男性というグループ全体の変化として見えているか等の分析が可能になります。

パネル調査は、生活の諸側面の変化や企業活動や企業の意思決定の変化を調べるのに非常に有効な調査方法です。パネル調査を実施することによって、日本の社会や経済の問題の解明や社会政策の立案に貢献する研究になるものと考えております。 お手数とは思いますが調査にご協力いただければと考えております。よろしくお願いいたします。

パネルデータ設計・解析センターでは、どのような調査を行っていますか?

現在、以下の調査が行われています。

  • 日本家計パネル調査(JHPS/KHPS) Japan Household Panel Survey
  • 日本子どもパネル調査 Japan Child Panel Survey
  • 日本家計パネル調査(第二世代)

過去に行われた調査には以下があります。

  • 東日本大震災に関する特別調査(GEES)

外部機関から寄託された調査データには以下があります。

  • 新規開業パネル調査(日本政策金融公庫総合研究所からの寄託)

調査への協力について

どうして私が選ばれたのですか?

正確な統計を得るために、地域や年齢がかたよらないように全国から約354箇所を選び、それぞれの地点でさらに10人前後の方々を選ばせていただきました。法律にもとづいて、お名前や住所などを漏らさないことを誓約し、自治体の厳正な審査を受けて、住民リスト(住民基本台帳)を閲覧させていただきました。ご協力をお願いする回答者の皆様は、そのリストから何人おきという具合に、まったく無作為に選ばれています。

協力する義務はあるのですか?

この調査は、任意の調査ですので、ご協力の可否はご自身のご判断におまかせします。
また、質問につきましても、できれば、すべてにお答えいただきたいのですが、回答は決して強要するものではありません。どうしても答えたくない質問は空白のまま次の質問に移ってください。

留守が多いのですが…

調査員が何らかの形(メモを残すなど)で連絡をとりますが、中央調査社までご連絡いただければ幸いです。

調査にご協力いただいた方には、謝礼を用意しておりますので、ご笑納願います。

調査の方法について

どんな調査方法?

調査と年によりますが、現在は主に留置調査と郵送調査(質問紙調査)で行っています。

留置調査は、調査にご協力いただける場合には、調査員が質問用紙をお渡しします。お時間のある時に回答をご記入ください。後日、調査員が受け取りにまいりますので、お渡しください。

初めての調査の際には、まずは、調査員が調査へのご協力のお願いにお伺いいたします。調査員は調査員証を携帯しております。

2016年度に実施しましたJHPS第二世代調査では、ウェブによる回答を選択可能にいたしました。

私のプライバシー保護は大丈夫ですか?

質問される皆様にとっては、どんなことでも大切なプライバシーです。

調査は社団法人中央調査社に委託して行っています。社団法人中央調査社は、(財)日本情報処理開発協会の審査を受け、適正なプライバシー保護を行っている機関の証となる「プライバシーマーク」を認定されています。調査員は、プライバシー情報の管理を徹底いたしますので、回答結果や誰にアンケートを行ったのかを第三者に漏らすことは決してありません。

ご回答いただいた内容はすべて統計的に処理されるので、調査結果や分析からはご協力いただいたお宅や個人を特定することはできません。個人情報は一定期間後、破棄します。

調査の結果について

調査結果はどこで見ることができますか?

調査の1年程度後に、集計結果を本ホームページで公表するほか、学会への論文発表を予定しています。また、調査にご協力いただいた方々には、調査結果の概要をニューズレターの形で送らせていただきます。

また、本ホームページの研究成果>一般向け資料のページには、これまで皆様にお送りしたニューズレターや、調査の趣旨をイラストで説明した資料も掲載しております。是非ご覧ください。

ご連絡の方法について

調査の実施に関する質問や都合が悪い場合のご連絡はどこにすればよいですか?

以下にお願いします。
一般社団法人 中央調査社
〒104-0061東京都中央区銀座6-16-12 丸高ビル7階
E-mail: office@crs.or.jp
TEL: 0120-48-5351(フリーダイヤル)
TEL: 03-3549-3125
FAX: 03-3549-3126
 ※勝手ながら、お電話は月~金曜日(9:30~17:30)にお願いいたします。

調査にご協力いただけない場合は、お伺いした調査員にその旨をお伝えください。

皆様のご協力に支えられながら、社会に役立つ調査・研究活動を継続していきたく存じます。ご協力のほど、重ねてお願い申し上げます。