本センターについて

パネルデータ設計・解析センターについて

パネルデータ設計・解析センターは、わが国におけるパネルデータに関する研究分野の中心的な役割を担っていくことを目的に設立された研究教育組織です。

政策を評価したり、法律や制度の改革効果を検討したりするには、それらが実施される前後の企業行動・家計行動・経済社会の変化を知ることが有効です。 しかしその効果や副作用が現れるまでには、長い時間かかることもあり、それらを評価するためには、人々や企業の行動を長期にわたり継続調査することが求められます。従来、我が国で調査を行う場合、その都度、対象者が変更されることが多く、同じ人の行動の変化を調べることができませんでした。

本センターは、経済学をはじめ各社会科学分野の研究者が必要とするパネルデータを得るための調査票を設計し、多数の調査対象者の協力の下、家計や企業の意識や行動を長期にわたり追跡調査し、これらによって収集されたデータを自ら解析するとともに、個人情報の秘匿に十分配慮した上で、それらを国内外の研究者が分析できるようにすることによって、国民にとって不可欠な、信頼に足るデータに裏付けられた質の高い政策論議を可能にし、民主主義国家の礎を形成することに寄与することを目指します。

パネルデータ設計・解析センター所長
商学部教授

樋口美雄