データの利用方法

利用資格・要件

  • 慶應義塾大学パネルデータ設計・解析センター(以下、本センター)では、非営利・学術目的での利用に限り、国内外の大学または国公立・民間研究機関に所属する研究者・大学院生・学部生*等に、本センターが公開している個票データを提供します。
    新規開業パネル調査」の個票データについては学部生の利用はできません。
  • 利用に際しては、誓約書に記載された事項に従うことを義務付けています。誓約事項に違反した場合には、データの利用を禁止させて頂くことがありますので、ご注意ください。

データ公開の基本方針

1.公開スケジュール

「日本家計パネル調査(JHPS/KHPS)」の個票データの公開は、原則として調査実施期間の1年後以降とします。

2.提供データの秘匿処理(「JHPS/KHPS」・「GEES」について)

個票データの提供においては、調査対象者の方の秘密を守ることが前提になります。そのため、提供されるデータにおける地域符号は全国8地域(北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州)のみとし、都道府県、市区町村の符号は削除してあります。また、JHPS/KHPSにおいては、2015年1月から調査対象者の「生日」についても秘匿処理を行っております。

3.データの提供方法と費用

調査個票データの提供は、原則、インターネット上でのダウンロードによるものとします。利用希望者は、本センターのホームページから利用申請をしたのち、本センターが利用承認した場合に限り、本センターのホームページよりデータをダウンロードできます。提供されるファイルには、調査個票データとともに、調査票(PDFファイル)、変数対応表(Excel形式)、単純集計表(Excel形式)(日本子どもパネル調査除く)が含まれています。なお、提供される調査個票データのファイル形式はカンマ区切り (CSV) のテキストデータ (*.csv) と、固定長フィールドのテキストデータ (*.txt) の2種類です(「新規開業パネル調査」においてはCSVのみ)。

利用手続

1. ホームページからの利用申請

本センターホームページ内のログイン画面よりデータ申請・管理システム(Data Manegement System, DMS)にアカウント登録を行った後、申請画面の指示に従い、データ申請を行ってください。

受領した利用申請に基づいて、利用の可否を審査します。審査の結果はご登録されたメールアドレス宛に電子メールにてご連絡いたします。データ申請から審査結果のメールが届くまでには日数を要することがありますので、研究計画を立てる際には十分余裕を持ってください。

2.データのダウンロード

本センターでの審査を経て、利用承諾が得られた場合に限り、本センターのホームページ上で申請データをダウンロードすることができます。本センターのホームページ内のログイン画面よりデータ申請・管理システム(DMS)にログインし、必要なデータをダウンロードしてください。利用期間内であれば、回数に限りなく申請したデータをダウンロードすることができます。

3.データの利用

提供された個票データを利用して、分析を行ってください。利用期間は原則として申請が承認された日から1年以内とします。ただし、学生は当該年度末までの利用となります。

提供されたデータ、資料等について誤りがある場合、本センター事務局までお知らせください。

なお、データの詳細等については、原則として本センターのホームページ内に記載されている事項およびダウンロードしたファイルに収録される関連資料のみで判断することとし、利用者が加工することによるデータの解釈については利用者当人の責任によるものとします。

なお、学術誌あるいは学会等で分析結果を発表する際は、慶應義塾大学パネルデータ設計・解析センターから各データの個票データの提供を受けた旨を必ず明記して下さい。

例: 本稿の分析に際しては、慶應義塾大学パネルデータ設計・解析センターによる「日本家計パネル調査(JHPS/KHPS)」の個票データの提供を受けた。

The data for this analysis, Japan Household Panel Survey (JHPS/KHPS), was provided by the Keio University Panel Data Research Center.

4. 利用承認期間終了まで(申請が承認された日から1年以内)

利用承認期間の終了する日までにダウンロードした個票データは必ず消去してください。利用承認期間終了時には、本センターのホームページのデータ申請システムにログイン後、研究成果登録画面の指示に従い、当センターが提供した個票データを用いた分析結果について登録してください。登録が完了していない場合は、次回データの利用申請を行うことができません。

申請画面登録時の注意事項

1.利用申請画面

1) データ申請・管理システム(DMS)にログイン
本センターHPトップページ右上「新規登録/ログイン」より、アカウント登録後、DMSにログインをしてください。
2) 申請データの選択
DMSトップページ画面右側の「申請メニュー」より、「データ利用申請」をクリックして、利用したいデータを選択してください。
3) 利用申請画面の入力
 申請者情報および利用場所
申請者本人の情報およびデータの利用場所について漏れなく入力してください。
 共同研究者
申請データを利用して共同研究を行う場合、データを利用する共同研究者は必ず各自データの利用申請を行ってください。
データ利用申請者と共同研究をする研究者がデータを利用しない場合は、データ利用申請者が利用申請を行う際に、利用申請画面の「共同研究者」の欄に共同研究者の情報を記入してください。「追加」ボタンをクリックすることで、共同研究者の欄を増やすことができます。  研究題目
研究内容を特定するのに最も適切な題目を記入してください。
 利用する質問項目
申請データの調査票を参考に、利用予定の質問項目について該当箇所を明示して記入してください。
 研究の目的
研究の目的および予想される結果と意義について、なるべく詳しく、具体的に記入してください。
 研究計画・方法
研究目標を達成するための研究計画・方法について具体的に記入してください。
 誓約書
「同意する」に✔をいれたうえで、「申請内容を確認する」をクリックしてください。これにより誓約事項を了承していただいたとみなします。
 申請
申請内容の確認画面が表示されるので、申請をしてください。
 推薦書
申請者が大学院生・学部生の場合は、推薦者の欄に推薦者情報(氏名、所属、メールアドレス)を入力してください。推薦者は所属機関の長(学科長、学部長、学長など)、指導教員、あるいは当センターの研究分担者とします。審査の際に、本センターより推薦者に推薦の可否について連絡するので、推薦者には推薦の依頼をしておいてください。

2.研究成果報告画面

1) データ申請・管理システム(DMS)にログイン
本センターHPトップページ右上「新規登録/ログイン」より、アカウント登録後、DMSにログインをしてください。
2) 研究成果報告申請
DMSトップページ画面右側の「申請メニュー」より、「研究成果報告申請」をクリックしてください。
3) 研究成果報告画面の入力
 研究成果の公表
研究成果の公表の有無について選択し、研究成果物(論文等)のPDFファイルをアップロードしてください。
 研究成果報告
研究成果物の主要情報(著者名、タイトル、公表の形態、公表媒体名、公表URL、公表(予定)日、要約)について入力してください。なお、論文等のPDFを添付された場合は、要約の入力については省略できます。
研究成果物が複数ある場合は、「研究成果を追加する」をクリックのうえ、研究成果ごとに入力してください。
研究成果報告はデータ利用承認期間満了日後も受け付けています。データ利用期間満了後、研究成果報告がない場合は、次回以降、データの利用申請ができなくなる場合はあります。
 報告された情報の扱い
研究成果報告に関する情報(著者、タイトル、書誌情報、要約など)は、当センターが提供したデータを利用した研究一覧として、当センターのホームページ上で公開することがありますので、ご了承ください(全文を公開することはありません)。

問い合わせ

ご不明な点があれば、本センターホームページの問い合わせ画面よりご連絡ください。