イベント

Depressivity over the Life Course (Prof. Randy Olsen)

開催日程
2018年10月11日(木) 10:45~12:15
場所
慶應義塾大学三田キャンパス 東館4階 オープンラボ
詳細
In the United States, a commonly used measure to detect depression is the Center for Epidemiological Studies depression scale, known as the CES-D. Prof. Olsen and his research team use Item Response Theory (IRT) to determine 1) whether the items in the CES-D perform in a comparable manner over the life course, 2) the degree to which depressivity is stable, and 3) whether the variation in the estimated measures of depression can be explained based upon IRT. They utilize biennial data from three cohorts of the National Longitudinal Surveys: the Mature and Young women’s cohort, the Young Adult Survey and the NLSY79 mothers of the Young Adult Survey respondents.

■講師:Prof. Randy Olsen
Staff, the Center for Human Research (CHRR), and Professor Emeritus, Department of Economics, the Ohio State University.
Professor Olsen was the director of the CHRR and has been heavily involved with the National Longitudinal Surveys of Labor Market Experience (NLS) for over twenty years. He also works on other projects at CHRR, most of which are related to applied microeconomics.
備考
■共催
慶應義塾大学パネルデータ設計・解析センター
慶應義塾大学経済研究所
慶應義塾大学こどもの機会均等研究センター

■研究資金
「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業(パネル調査共同研究拠点)機能強化支援」(研究代表者:山本勲),
科学研究費基盤研究(S)16H06323「経済格差と教育格差の長期的因果関係の解明:親子の追跡データによる分析と国際比較」(研究代表者:赤林英夫)

ポスター
※使用言語:英語
※事前登録は必要ありません。
※会場が満員になった場合、入場を締め切らせていただきます。予めご了承ください。
結果報告
2018年10月11日木曜日、慶應義塾大学三田キャンパスで、オハイオ州立大学名誉教授 Randy Olsen氏をお招きし、2つのセミナーを共催いたしました。

第一回セミナーでは、「Depressivity over the Life Course」と題し、簡易抑うつ症状尺度として用いられているCES-Dについて、Item Response Theory (IRT) に基づいた妥当性についてパネルデータを用いた解析の研究結果についての発表がありました。

第二回セミナーでは、「Who Starts Ahead and Who Moves Ahead? Achievement, Social Adjustment and their Production in Children」と題し、The Children of the NLSY79というパネルデータを用いて、子供の認知能力の発達や問題行動に、どのような要因が影響を与えているか、子供の発達に伴う経年的な結果を用いた研究成果を発表しました。