メディアでの紹介

朝日新聞に赤林英夫教授のコメントとともに「日本子どもパネル調査」について紹介された記事が掲載されました

更新日時 2017/09/22
カテゴリー
詳細

朝日新聞朝刊および朝日新聞デジタルに当センター研究分担者の赤林英夫教授(本学)のコメントとともに「日本子どもパネル調査」について紹介された記事が掲載されました。

(分断世界)格差再生産、止まるか 難民の子、外交官に 仏「優先教育協定」(2017年9月22日 朝日新聞デジタル)
※記事全文を読むには会員登録が必要です。

◎以下のように記述された記事が掲載されました。

所得の格差が、学力などに与える影響の追跡も始まっている。「日本子どもパネル調査」は、子どもの成長を通じて、格差が開いていく過程の解析を目指す。

 調査を率いる赤林英夫・慶応大学教授(教育経済学)によると、世界に大きな影響を与えたのは、オタワ大のマイルズ・コラック教授(経済学)が13年に発表した論文。米国や英国など所得格差が大きい国ほど、格差が世代を継いで固定化される状況を示した。日本も続くが、赤林氏は「日本はデータの蓄積と利用が遅れている。効果的な政策立案のためにも、国は研究の支援を広げるべきだ」と提案する。