第3回(JHPS2011)調査について

第3回調査(3rd wave)

・ 調査の期日
  平成23年1月31日現在で実施

・ 調査対象者
  第2回調査の調査対象者3490人を対象として調査を行いました。
  (有効対象3,470人+第2回調査で欠票で協力意向のあった20人)

・ 調査の方法
  第1回調査と同じく、調査地点を分割し、2種類の調査方法で実施いたしました。
  各対象者は、前回と同じ調査方法で調査を実施した。

 A地点群
 調査員が調査対象者に調査票を配布し、調査対象者が記入した調査票を調査員が再度訪問して収集する自計式の留置調査法により行いました。

 B地点群
   質問項目を分割し、調査員が調査対象者に調査票を配布し、調査対象者が記入した調査票を調査員が再度訪問して収集する自計式の留置調査と
  調査員が口頭で対象者に質問して回答してもらう面接調査を併用しました。

 また、インターネット環境が整っている対象者には、WEBでも回答できるようにアンケートのサイトを設けました。
・ 調査票は、調査地点、配偶者の有無により次の5種類を使用しました。
 A地点群
 有配偶者留置票
 無配偶者留置票

 B地点群
 有配偶者留置票
 無配偶者留置票
 面接調査票

・ 回収率
  調査対象者(復活サンプルを除く)3,470人のうち、回収された有効な調査票は3,154であり、回収率は90.9%となりました。また、前年欠票
  だった対象者のうち、6人が再調査に協力し、回収されました。

第3回家計パネル調査回収状況

対象数 3,490
完了数 3,160
うち前回完了分 3,154
うち復活サンプル 6
回収率 90.9%
有配偶 2,337
無配偶 823
新婚票 26
欠票 330

※回収率 (=(完了数-復活サンプル)/前年度完了数)×100)

第3回(JHPS2011)調査票 PDF